歴史
『会員企業事始』

1950〜60年代
1954年 パーツフィーダのわが国第1号機完成(シンフォニアテクノロジー)
1957年4月 東京都世田谷区に「高島田研究所」を設立(信和パーツ)
1970年代〜
1968年5月 板バネ式パーツフィーダ(PVS)の開発に成功(村田精工)
1970年5月 パーツフィーダ普及のため東京国際見本市に出展(村田精工)
1970年5月 神戸市東灘区にてパーツフィーダ事業開始(西村工作所)
1971年4月 パーツフィーダ関連事業を開始(大阪精工)
1971年10月 福岡電機工業所を福岡電機株式会社に改組(福岡電機)
1971年12月 「ヒロセ設計」を設立。自動組立機の設計開始(モートロン)
1972年6月 デクスタ及び周辺機器のノウハウを持つ(株)FITを立上(日本デクスタ)
1973年 スワンソン・エリー社と技術提携。生産・販売開始(産機)
1973年8月 パーツフィーダ関連事業を開始(大善)
1974年11月 東京都千代田区神田にて会社設立(コーセイ)
1975年 RNA社(独)と技術提携。本格的に販売開始(NTN)
1975年7月 大阪市東区にてパーツフィーダ事業を開始(コーエイ機器産業)
1976年1月 日啓工業(株)にてアタッチメントの製作を開始(ナックフィーディング)
1976年4月 静岡県磐田郡豊田町にて会社設立(ゼンウェル・オーダード)
1976年4月 ドラム(回転円筒)フィーダの開発成功(大阪精工)
1976年5月 大阪府四條畷市にて一号機製作納入(吉岡エンヂニアリング)
1976年10月 山口県にツーリング専門会社を設立(カナエ技研)
1976年11月 大阪府豊中市走井にてパーツフィーダ事業開始(共進精器)
1978年 名古屋市南区にてパーツフィーダツーリングメーカーとして会社設立(前畑精機)
1979年4月 (有)大伸工業としてパーツフィーダ事業開始(ダイシン)
1980年代〜
1980年 高周波ミニパーツフィーダを開発(シンフォニアテクノロジー)
1980年10月 現、大阪府四條畷市に本社を建設移転(福岡電機)
1982年1月 (有)モートロン精工を京都府久世郡に設立(モートロン)
1984年3月 (株)エフアイティの子会社として事業開始(日本デクスタ)
1985年 圧電駆動式パーツフィーダ製造・販売開始(産機)
1985年4月 垂直磁力搬送システム「マグネポータ」を開発(下西製作所)
1985年5月 パーツフィーダ用センサ開発(SUNX)
1985年8月 自動車部品の要求個数取り出し装置特許取得(西村工作所)
1985年10月 「日本パーツフィーダ工業会」設立(工業会)
1985年11月 八尾工場にてウレタンコーティング開始(ユニックス)
1986年9月 階段状の櫛歯の上下運動により長モノ供給が可能に(吉岡エンヂニアリング)
1989年5月 現、山口県熊毛郡平尾町に新工場建設(カナエ技研)
1989年8月 現、大阪府豊中市原田南に本社事務所を移転(共進精器)
1990年代〜
1990年6月 「日本部品供給装置工業会」に改称(工業会)
1990年8月 塩尻アルプス工業団地に移転。株式会社に変更(ダイシン)
1991年10月 ウレタンコーティング専門会社設立(テクノマイン)
1995年4月 永旋(香港)有限公司設立(下西製作所)
1995年8月 TFIコーティング専用工場稼動(テクノマイン)
1996年5月 乾電池缶用高速パーツフィーダを開発(信和パーツ)
1996年6月 倉敷市安江にて事業開始(日振テック)
1996年11月 業界初のマイコン(周波数可変)搭載コントローラ市場投入(NTN)
1998年10月 現、静岡県磐田市大久保に新工場建設(ナックフィーディング)
1999年5月 静電気除去装置付パーツフィーダを開発(コーセイ)
1999年11月 未加工ボウルの専業メーカーとして創業(プロポス)
2000年代〜
2000年9月 カム式楕円振動フィーダの試作1号機製作 (三共製作所)
2001年1月 北京大学との提携によりソフト開発に着手(コーエイ機器産業)
2001年4月 「4元素発光素子」を採用したデジタルファイバセンサ発売(SUNX)
2001年7月 現、東大阪市加納工業団地に大型ブース建設(ユニックス)
2002年11月 大阪市鶴見区に新社屋完成。本社を移転(大善)
2003年 名古屋市南区に新社屋完成(前畑精機)
2003年4月 サイレントフィーダ本格販売開始(ゼンウェル・オーダード)
2004年5月 倉敷市大内に本社事務所を移転(日振テック)
2004年9月 工業会の正会員として入会(プロポス)
2005年1月 カム式精密楕円振動フィーダ発売 (三共製作所)