ボウル径の選定

ボウル径を決定するものとして
(1) ワークに関係するもの
ワークの寸法・形状・重量・ワーク同士のカラミ等

(2)仕様に関するもの
供給能力・供給姿勢・供給列数ワーク投入量・許容騒音等

(3) その他
ユーザーの設置スペース・使用する本体次工程との取り合わせ等多くの要素があり、総合的判断が必要です。
 最も代表的なワーク形状の3種類について、基準ボウル径とツーリング後のボウル径、それに供給能力の大小についての平均的なボウル径を簡易的に選定するグラフをご覧下さい。

(資料No.1〜3)